紫外線対策 日傘

日傘の正しい選び方・使い方をご紹介します!

段々日差しが強くなってくると、日傘をさす人も増えてきます。
暑い日差しをカットしたり、紫外線をカットするのに、効果的な日傘ですが、
中には「逆に紫外線を浴びている」日傘のさし方をしてしまっている人も多いのです。

 

そこで、正しい日傘の選び方・さし方をご紹介します。
日傘を買う前に、ぜひチェックしてみてください。

 

まず、日傘で迷うのは、色ですよね。
かつては、日傘と言えば白が主流でしたが、最近では黒色の日傘がおおくなっています。
では、実際どちらの色がいいのか?

 

紫外線カットを目的とした場合は、黒色をおススメします。
細かく言えば、内側が黒や紺であれば、表の色はなんでもいいのです。

 

なぜかというと、内側が白などの明るい色だと、
地面や建物からの照り返しを反射してしまい、顔に紫外線を集めてしまうのです。
反対に黒や紺などの暗い色は光を吸収するので、反射を防ぎます。

 

そのため、内側の色は黒や紺などの暗い色の日傘が、紫外線対策には適していると言えるでしょう。

 

また、生地は必ずUVカット加工がされたものを選ぶのがよさそうです。

 

日傘のタグによく表記されている、遮光率・UVカット率ですが、機能は全く違うものなのです。

 

遮光率とは、太陽光など人の肉眼で確認できる光をカットする率のことで、この率が高いほど、出来る影が濃くなります。

 

UVカット率とは、その名の通り紫外線(UV)をカットする率のことで、高いほど紫外線を浴びにくいため、日焼け・シミを防ぐことができます。

 

なので、紫外線対策を目的として、日傘を選ぶ方は、機能と色をチェックして、UVカット率が高く、暗い色のものを選ぶといいでしょう。

 

逆に、紫外線対策よりも涼しさを重視する人は、遮光性の高いもので、色の薄いものを選ぶといいでしょう。

 

なぜかというと、黒など暗い色は熱を吸収しやすく、反射を防ぎますが、その代わり生地そのものが熱くなりがちです。

 

そのため、涼しさを求める人は白やシルバーなどの薄い色で生地の温度の上昇を抑える色を選んだ方が有効的です。

 

素材にも様々あり、
紫外線を防ぐ効果が高い順は、すけてない素材のポリエステル・麻・綿の順番です。

 

紫外線を防ぐだけが目的ならば「ポリエステルで生地の厚いもの」がベストでしょう。
ただ、ポリエステルは熱を吸収しやすいので、ある程度UVカット率が高いものであれば、生地は、さほど気にしなくても大丈夫です。

 

 

では、紫外線を防ぐ日傘のさし方は?

 

日傘をさすうえで、地面からの照り返しがあるということを理解しておきましょう。
日傘は、頭上から降り注ぐ太陽光・紫外線をカットするのには優れていますが、残念ながら、地面からの照り返しは防ぎきれません。

 

紫外線の照り返しはアスファルトでは10%、砂浜では25%もあるのです。

 

日傘をさしているからと言って、油断せず、なるべく日陰を歩くようにしたり、
他の紫外線対策グッズ(日焼け止め・アームカバー等々)を活用しましょう。

 

日傘で紫外線対策をするなら、デザイン性だけでなく、色や機能性をチェックして、シミのない綺麗な肌をめざしましょう。

関連ページ

シミ対策には食生活と睡眠も重要
シミ対策をするうえで、化粧品だけに頼り切らず、普段の生活を整える事も大切です。大事な栄養素と睡眠で気を付けるポイントをご紹介します。
紫外線対策グッズの利用
紫外線対策グッズを利用してシミ対策をはじめましょう。グッズの選び方・メリットをご紹介します。