紫外線対策 グッズ

紫外線対策は専用のグッズを使うのが有効!

紫外線が、気になってくる春から夏にかけて、様々な紫外線対策グッズがでてきます。

 

代表的な方法の一つとして、日焼け止めがありますが、SPFが高い日焼け止めなどは、お肌への負担が大きくなります。
なので、日焼け止め以外にも紫外線対策に有効なグッズを使って、効率よく対策しましょう。

 

今回は、そんな紫外線対策グッズの種類と選び方をご紹介してきます。

 

・日傘
日傘は頭上からの日差しを遮るのに適していて、紫外線カット効果はもちろん、日陰を作ってくれる為、夏などは体感温度も涼しくなります。

 

直接日を浴びないことによって、熱中症対策にも効果的ですよね。

 

最近では、紫外線100%カットの日傘などもありますが、頭上からの紫外線は100%カットできても、地面からの照り返しには対応しづらいのが日傘です。

 

日傘を黒や紺にすると、地面からの照り返しを吸収してくれる為、紫外線をうまくカットしてくれます。
反対に白などの明るい色を選ぶと反射を起こしてしまい、照り返しが身体に覆いかかってしまいます。

 

なので、日傘を選ぶときのポイントは、なるべく黒や紺など暗い色にすることです。

 

・帽子
日傘を差せない場面や場所では、帽子をうまく活用することをおススメします。
帽子は、なるべくつばの広いものを選んで、お肌を紫外線からカバーしましょう。

 

日傘と同様、熱中症対策にも効果的で、日傘と違って手がふさがらないメリットもあるので、庭での園芸作業などの際にも重宝します。

 

最近では、デザイン性も高くお洒落なものもあって、
柔らかい素材で降りたためることが出来る帽子なんかは持ち運びにも便利ですよね。

 

・サングラス
紫外線は地面や建物からの反射で、いろいろな角度から影響を及ぼしてきます。
そのため、帽子や日傘だけでなくサングラスの活用もおすすめします。

 

普段使いのサングラスを選ぶとき、レンズの色が濃くて好みのデザインを選ぶかと思います。
ですが、紫外線対策を目的としたサングラスを選ぶときは、逆に色の薄いサングラスが有効的なのです。
サングラスの色が濃くて暗いものだと瞳孔が開きやすく、紫外線が入り込みやすくなってしまうため、濃い色のサングラスは紫外線対策には適していません。

 

なので、紫外線対策を目的として、サングラスを選ぶときは、
薄めの色のUVカット加工がされたレンズのサングラスを使用するようにしましょう。

 

・アームカバー
車や自転車に乗る方は、ぜひ活用してほしい紫外線カットアイテムです。
手の甲や腕は、油断しがちで、紫外線を浴びやすいため、シミになりやすい部位でもあります。

 

ノースリーブや半袖で過ごす事の多くなる夏場は、着脱が楽で、日焼け止めの節約にもなるので、便利です。

 

 

このように紫外線対策グッズは、スキンケア以外にも様々あります。

 

紫外線対策グッズをうまく活用して、シミのない綺麗な肌を目指してみてはいかがでしょうか。

 

関連ページ

シミ対策には食生活と睡眠も重要
シミ対策をするうえで、化粧品だけに頼り切らず、普段の生活を整える事も大切です。大事な栄養素と睡眠で気を付けるポイントをご紹介します。
紫外線対策に有効な日傘の正しい選び方・使い方
シミ予防に欠かせない紫外線対策に有効とされる日傘。 その日傘を正しく使用して、紫外線対策をしましょう。日傘の選び方・使い方をご紹介します。