シミ予防

シミはなぜできるのか?

 

30代から40代にかけて、悩みとして増えてくるのは、顔のシミではないでしょうか。

 

顔のシミは、見た目年齢と実年齢の差を大きく左右する要因です。

 

ある程度のシミはファンデーションやコンシーラーの重ね塗りで、
隠せることもありますが、化粧でも隠し切れないシミは、顔を年老いた印象にします。

 

実際に30代から50代のお肌の悩みに対するアンケート調査の結果は、
第一位はシミ・顔のたるみでした。

 

現時点で、シミがでていなくて、悩みを感じていなくても、
いずれは出てくる肌トラブルだと覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

では、このシミは一度できてしまったら、もう改善の方法はないのでしょうか?
今回はシミが出来るメカニズムと合わせて、シミができてしまってからの撃退方法を、ご紹介していきます。

 

シミができる原因の元にメラニンが、深く関係しています。

 

メラニンは色素成分のことで、紫外線を吸収したり、様々な刺激を和らげて肌や身体を守る役割があります。

 

紫外線を過度に浴びてしまうと、表皮にあるケラチンでできた肌細胞を作る、ケラチノサイトという角化細胞が、肌の内部を守ろうとして、メラニンを生成するようになります。

 

メラニンはたんぱく質の一種で、毎日つくりつづけられています。

 

では、メラニンは毎日作り続けられているのに、なぜ顔がシミだらけではないのか?
それは、肌のターンオーバーのおかげなのです。

 

肌のターンオーバーが正常であれば、メラニン色素は体外へ排出され、
シミとして残らないのですが、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、
メラニンの排出が滞ってしまい、シミとして残ってしまうのです。

 

この肌のターンオーバーのサイクルは、
30代でだいたい40日とされていて、40代で50日50代で75日・・・と、

 

本来のサイクルは人によって異なりますが、加齢によって遅くなっていくものとされています。

 

またメラニンの過剰分泌もシミの原因となります。

 

紫外線などの、刺激を過剰に受け続けてしまったり、
集中して強い刺激をうけてしまうと、
肌はメラニンを過剰に生成してしまう傾向があるのです。

 

この過剰な生成は、刺激がなくなったあとでも、しばらくは収まらず、
結果的に、排出されるメラニンより、生成されるメラニンの量が上回ってしまい、
シミの原因となるメラニン色素を含んだ肌細胞が、増えてしまうのです。

 

シミを撃退する方法として、
肌のターンオーバーを正常化し、
メラニンの生成と排出のバランスを整えることが大切です。

 

最近では、一時的にシミを目立たなくする化粧品などが増えて、
それらの商品に頼り切ってしまい、
肝心のターンオーバーの改善を試みなかったり、
途中で挫折して諦めてしまう人が多いですが、
シミの改善で大切なことは肌の健康を作る事です。

 

そのためには、肌のターンオーバーの仕組みを正しく理解し、
シミ対策の化粧品を根気強く使い続けることが大切です

 

毎日のちょっとしたことの積み重ねで、肌の健康を維持できます。